日本経済は戦後の復興期、高度成長期を経て、バブルの崩壊以降成熟期に突入しました。そのような環境下においては企業とそこで働く個人の関係性が変化しています。
 会社と個人の「永続」を前提とした雇用関係から、「機能」を前提とした雇用関係へのシフトです。
 企業と個人が互いに「選びあう」関係にシフトしたといってもよいでしょう。会社は個人のキャリアを保障はしてくれません。選びあう関係とは、個人が常に選ばれる存在になるべくキャリアを磨き続けなければ将来を保障することができないということです。

 さらには、少子化の影響による労働人口の減少は、働き続ける期間の長期化を意味します。多くの人が長く働かなければ現在の社会システムを支えきれなくなってしまうのです。
 もし現在の大学生が22歳で社会人になるとしたら、最低でも75歳になるまで今後50年以上は選ばれ続ける存在になることが求められます。技術が日進月歩で変化する中で、50年通用するキャリアは稀です。時代に合わせた新たなキャリアスキルの獲得が必要になってきます。
 自立的主体的に自らの価値を高めるべく、自分自身が価値発揮主体として自らを磨き上げていくキャリア観、それをリンクアンドモチベーショングループでは「i-Company(自分株式会社)」と定義しています。
 自分が自分株式会社の代表であるという意識で、ビジョンを掲げ、自らの商品力や営業力を磨き続ける個人であることが、これからの時代を心身共に豊かに過ごすことができる条件であると言えるでしょう。





 「i-Company」として自らのキャリアを高めるためには、自らのキャリアを見つめ、磨く場所、またはそれをサポートするパートナーの存在が必要です。しかし、個人がキャリア形成において必要なスキルや知識を獲得支援する場所が日本にはまだまだ少ないのが現状です。
 人材マーケットを見渡してみても、即戦力が求められる時代では、ハイキャリアでTOPクラスの層に特化した対「経験者」へのビジネスモデルが常態化し、新しくステップを踏み出したい「経験を持たない人」へのアプローチほとんどできていません。また、教育マーケットを見渡してみても、資格合格やスキルの提供にとどまり、キャリアそのものにダイレクトにサポートできているとは言い難い状況です。
 リンクアカデミーでは、これらの社会課題への解決へ向けて、「選ばれるキャリア創り」をトータルでサポートするキャリアナビゲーション事業を営んでいます。これは変化の速い時代において、ひとりひとりがその時代を生き抜き、活躍するためのスキルやステージをワンストップで提供する事業です。リンクアカデミーを設立させた背景としては、「キャリアを本気で考える人のトータルサポート」の場を提供したいという強い想いが原点になります。





 リンクアカデミーの前身は、現在も講座ブランドとして活用しているPCスクールのアビバ、資格スクールの大栄です。その両社に共通していた想い、それは「挫折させずにお客様をキャリアゴールに導くこと」。
 キャリアを磨き上げることは苦難を伴います。多くの方が途中で挫折し、自らのキャリア創りを諦めてしまっています。ネット上で様々な教育コンテンツや転職先を閲覧できる現在、キャリア育成の要諦は、まさにキャリアゴールに向けて挫折せずに継続して活動を続ける「モチベーション」になってきているのです。リンクアンドモチベーショングループの独自技術であるモチベーションエンジニアリングを適用し、挫折させることなくキャリアゴールまで導いていくこと。これが我々の使命であると考えます。

 具体的には、個人に対して、キャリア開発のための資格取得の支援やスキルアップ機会を提供すると同時に、培ったキャリアを活かして企業と個人のマッチングをサポートすることをビジネスとしています。
 この事業は「教育」と「人材」を融合させた新しいビジネスモデルであり、そこには先例がありません。パイオニアとして常に、ダイナミックで時代を先読みした新しいサービスをリリースしてまいります。





 「あなたのキャリアに、本気のパートナーを。」この言葉には、多くの意味を含有しています。
 「キャリア」という言葉には、単なる教育機関にとどまることなく、就業支援まで通じてトータルにキャリアをサポートする機関を目指すこと。「パートナー」という言葉にはお客様との接点を「点」ではなく「線」で生涯にわたるキャリアアップのためのパートナーとなること。そして真ん中にある「本気」という言葉には、私たち社員が最もお客様のキャリアゴールに対して真剣に向き合うことや、モチベーションエンジニアリングを活用して価値提供していくことを表明しています。

 私たち社員は全員、自分たちを「キャリアナビゲーター」と定義しています。
 自分たちの役割は、お客様の人生の助手席に座り、目的地までの道程を共に歩んでいくことです。「あなたのキャリアに、本気のパートナーを。」この言葉を体現し続けていく覚悟です。